貧乏人ならではの思考とは? 家庭環境や口癖などの共通点を紹介

貧乏人ならではの思考とは? 家庭環境や口癖などの共通点を紹介
理由はわからないけれど、なぜかお金が貯まらない…、ということありませんか?

実はその原因は、貧乏人ならではの思考をしている可能性もあるんです。そこで、

などをご紹介!

本記事を参考にし、お金の不安から解消されるきっかけを見つけてみてくださいね!

貧乏人ならではの思考とは? 5つの共通点を紹介

理由はわからないけれど、気づいたらお金を使ってしまい、全く貯金ができていないなんてこともありますよね。

ここでは、無意識にしている「貧乏人ならではの思考」を5つ紹介していきます!

1.計画的にお金を使っていない

計画的なお金の使い方
誰しも、使えるお金は限られているはず。それにも関わらず、計画的にお金を使えていないのは貧乏人ならではの思考です。

特に問題なのが、何にいくらお金を使っているのか把握しておらず、ついつい無駄遣いをしてしまうこと。

そして、計画的にお金を使えていない原因の一つとして、衝動買いが多いことが挙げられます。

「◯月△日までセール中」「今なら■%引き」という言葉に釣られて買ってしまい、後で後悔することが多くなります。

しかし、支出を極限まで削ると、返ってストレスを溜めてしまいます。そのため、「〇〇はお金をかけない」「△△はお金をかける」など、メリハリをつけたお金の使い方をするのがおすすめです!

2.モノやサービスの価値を考えずにお金を使っている

あなたは、30万円の洗濯機を高いと思いますか?

おそらく、ほとんどの方が洗濯機が1台30万円なんて高い! と思うはず。この場合、洗濯機ではなく、30万円という金額だけを見て判断していると思います。

しかし、洗浄力が今の洗濯機の3倍で、電気代も半分ほど削減でき、さらに乾燥機付きならどうでしょうか?

この洗濯機を買えば、電気代の削減はもちろん、乾燥機付きなので、洗濯物を干す作業が削減できます。

大事なのは、モノやサービスを買う時は、安物買いの銭失いにならないことです。つまり、

  • これを買ったらどれだけ利便性が増すのか?
  • 面倒な作業がどれだけ削減できるのか?
  • 長期的に見て幸福度を高めてくれるのか?

など、モノやサービスの価値を考えると、いい買い物ができるはずですよ!

3.収入を上げる努力をしていない

収入を上げる3つの方法
近年は、クラウドソーシングサービスなどの普及により、誰でも簡単に副業を始められます。しかし、貧乏人ならではの思考だと、副業をして収入を増やす努力をしていないことが多いです。

「自分にはやれる仕事はない」「忙しく副業をやる時間がない」など、無意識のうちにやらない理由を作ってしまっていることがあるんです。

副業以外にも、政府が後押しするリスキリングサービスを活用し、スキルアップを目指すことも可能です。

政府の認可を受けたWebエンジニアやWebデザイナーのスキルが獲得できるスクールに入学し、転職先まで決まれば、最大で56万円の補助が受けられます。

このように、収入をUPさせる方法はいくらでもあります。しかし、貧乏人ならではの思考だと、収入を上げる努力を怠っている可能性が高いです。

4.情報収集に時間をかけず情報弱者になっている

最近は政府の後押しもあり、誰でも手軽に投資できる環境が整い始めています。

もちろん、投資はリスクが伴いますが、正しい知識をつけた上で始めれば、貯金するよりも大きく資産を増やせられます。以下をご覧ください。

投資銀行預金
1年後364,991円360,002円
3年後1,128,617円1,080,016円
5年後1,939,401円1,800,044円
10年後4,192,243円3,600,179円
20年後9,849,060円7,200,717円
※1.毎月3万円ずつ積み立てをした場合
※2.投資は年3%で運用と仮定
※3.銀行預金の利回りは年0.001%で仮定

毎月同じ3万円を積み立てしているのにも関わらず、投資で運用した場合と銀行預金のみでは資産が大きく異なるのが確認できます。

特に20年後には、資産が200万円以上も開きがあるのがわかりますよね。

なお、ここでいう投資とは、決して難しいことをしているわけではありません。最初に投資するものを決め、後はほったらかしでもOKです!

このように、情報収集に時間をかけないと、将来の資産額にも大きく差が開いてしまいます。

5.時間の使い方にこだわりがない

誰しも、与えられた時間は平等のはず。しかし、貧乏人とお金持ちでは、与えられた時間の使い方が全く異なります。

貧乏人ならではの思考だと、時間を有効に使う意識が低く、暇があればYouTubeなどの動画を見たり、用もなく買い物にいくなど、時間を浪費してしまいます。

一方でお金持ちは、時間の使い方にこだわりがあり、無駄な時間を過ごさずに有効に活用しようとします。少しでも時間が確保できれば、

  • 本を読んで知識量を増やす
  • スキルアップのために資格の勉強をする
  • 隙間時間で副業をする

など、新たな収入源を見つける努力を怠りません。そうすることで、今の仕事で昇給したり、副業で稼いだりでき、結果としてお金を多く稼ぐようになります。

貧乏になるのは家庭環境も影響してる?

「自分が貧乏なのは育った家庭環境のせい」と思っている人も多いと思います。貧乏な家庭では、

  • お金を管理する術を知らない
  • 収入を増やす意識がない
  • 資産運用でお金を増やすことをしない

など、金融リテラシーが低い特徴があります。そのような親を見ているため、お金に関する知識がないまま大人になり、結果として貧乏になる可能性が高いわけです。

さらに、親の収入と子供の学歴にも相関があると言われています。

お茶の水女子大学が実施した調査によると、世帯収入が高いほど子供の学力が高い傾向が見られる、とのこと。

逆を言えば、親の収入が低ければ子供の学歴も低くなるということです。

しかし、これはあくまで統計上のデータです。今自分が「貧乏だ」と感じているなら、貧乏人ならではの思考をやめて、変わればいいわけです。

以下で、今すぐできる貧乏からの脱却方法を紹介していきます!

今日から貧乏人を脱却! 今すぐやるべきことは?

貧乏人ならではの思考をやめて、今すぐ貧乏から脱却するには行動あるのみです。

ここでは、どんな人にでもできる、比較的簡単な貧乏人からの脱却方法を3つ紹介します!

1.お金の使い方にこだわりを持つ

お金の使い方にこだわりを持つために、支出に対し自分なりのルールを設けてみましょう。「ケーキは無駄遣いだけど、本は自己投資」のように、支出に対し毎回フィードバックする癖をつけるといいです。

そのためにはまず、以下のように支出を「消費」「浪費」「投資」の3つに分けるのがおすすめ。

支出を3つに分ける

消費は生活必需品や日常の支出、浪費は無駄な支出、そして投資は将来の自己成長や資産形成のための支出を指します。

1ヶ月の支出割合を考える際には、消費を70%、浪費を5%、投資を25%に設定することが理想的です。

なお、ここでのポイントは3つ。

  • 消費・浪費・投資を意識してお金を使う
  • 無駄遣いなど浪費はOK
  • 自己投資を積極的にする

貧乏から脱却しお金を貯めるために、浪費を全てやめようとする人はとても多いです。しかし、浪費を完全に辞めることはほぼ不可能だと思ってください。

逆に浪費をしないとストレスが溜まり、どこかで限界に達し、結果として浪費が増えてしまうことも多いんです。

また、投資は毎月積極的に行っていきましょう。投資とは、将来の自己成長や資産形成のためにお金を使うこと。スキルアップや健康維持など、自分自身や将来のために投資すると、後で大きなリターンが得られるはずです!

2.簡易的でもいいため家計簿を1週間続ける

支出のルールが決まれば、自分がどのような支出をしているかをチェックしましょう。そこでぜひやって頂きたいのが、1週間だけでいいので家計簿をつけることです。

家計簿はアプリでもいいですし、簡単なメモでもOK。自分が何にお金を使っているのかを客観的に見てみましょう

1週間家計簿をつけてみると、

  • コンビニで買い物することが多い
  • カフェ代だけで5,000円も使っていた
  • 〇〇をやめるだけで1週間で△円も支出を抑えられる

など、支出のクセを見抜き、改善ポイントが見えてくることが多いですよ。

なお、過去に家計簿をつけていた人もいると思います。中には、続かずに途中で挫折してしまった人もいるかもしれません。

家計簿をつける上で大切なのは、無理に続けようとしないことです。支出のクセは、1週間家計簿を続けるだけでわかるので、無理に続けようと思わなくてもOKです。

3.将来に向けて資産運用を始める

「今お金がないのに、資産運用なんてできるはずがない」おそらく多くの方はそう思うはずです。

しかし、今は100円から投資ができるものもあり、誰でも少額から始められるのをご存知でしょうか?

先ほど、「情報収集に時間をかけず情報弱者になっている」でもご紹介しましたが、銀行預金だけの人と投資をしている人では、将来の資産額が大きく異なります。

100円で投資できる方法の中には、難しい分析や選別をする必要がなく、「ほったらかしでもOK」なものもあるんです。

また、お金を減らすのが怖いと感じる人には、ポイントを活用した「ポイント投資」もあります。ポイントを貯めて投資に回すことで、リスクを最小限に抑えながら資産を増やせますよ。

貧乏人ならではの思考をやめるには「正しいお金の知識」が必要

貧乏人から脱却するには、正しいお金の知識をつけることが近道です。

正しいお金の知識とは、お金の使い方や貯め方、さらに投資までお金にまつわる全てを理解することです。

しかし、これらを独学で学ぶのはハードルが高いです。そこでおすすめなのが、お金について体系的に学べる無料のマネーセミナーです。

おすすめのマネーセミナー3選

←スマホはスクロールできます→

セミナー名お金の教養講座アットセミナーバフェッサ
料金無料無料無料
オンライン受講
参加者の属性20〜60代男女20〜50代男女20〜60代男女
家計改善
NISA
iDeCo
株式投資
勧誘本サービスの紹介は
あり
個別相談会への
勧誘あり
本サービスの紹介は
あり
公式サイト

どのマネーセミナーも参加費は無料。家計管理などの基礎的な内容から、NISAなどの資産運用についても学べます。

この中でも、家計管理を学びたい人におすすめなのが、ファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」です!

「お金の教養講座」とは?

ファイナンシャルアカデミーのお金の教養講座とは?
15年間で累計72万人以上が受講した、ファイナンシャルアカデミーのお金の教養講座

◆お金の教養講座のおすすめポイント!

  • すぐ使える家計改善のノウハウが知れる
  • お金の不安を解消できる
  • NISAやiDeCoについても学べる

「お金の教養講座」は、教室でリアル受講・動画受講どちらでも可能です。

もちろん、保険や不動産投資などの勧誘は一切ありません。「全くお金のことを学んだことがない」という人は、一度受講して損はないはずですよ。

まとめ

今回は、貧乏人ならではの思考をやめる方法をお伝えしてきました。

きっと、「貧乏人ならではの思考」と検索しているのですから、自分がそうなってしまっているのを理解しているはず。

そうであれば、今すぐに行動を変えていきましょう。

先ほど紹介した、無料のマネーセミナーを受講すると、お金に対する概念が変わりますので、ぜひ活用してみてくださいね!